【危険MAX】地球上に『実在』するガチで行ってはいけない島10選…恐ろしすぎて世界が震える…

世の中には私達の知らない

危険で近づかないほうが良い島がたくさんあります。

 

その中でも非常に危険な

ガチで行ってはいけない島10選をご紹介します。

 

早速チェックしていきましょう。

※5番目と7番目の島は要チェックです

地球上に実在するガチで行ってはいけない島

蛇の恐怖:スネーク・アイランド

ブラジル海岸から約30キロ離れたこの島。

この島は南米最悪の蛇

ゴールデン・ランスヘッド・バイバーの最大生息地

島中が蛇だらけです。

 

1平方メートルに1匹から5匹という過密状態

 

致死率90%という即効性のある毒液を持っていて

噛まれると傷のまわりの肉が溶けてしまうという。

 

とても危険な島なので

上陸するにはブラジル海軍の許可が必要です。

核実験の恐怖:エニウェトク環礁

息をのむほど美しいこの太平洋の常夏の島。

致命的な秘密があります。

環礁全体が1948年から1968年に行われた

アメリカの核実験の現場となったのです。

 

広島に落とされた原爆の500倍もの威力のある水素爆弾の実験も行われました。

 

この実験によって

エニウェトク環礁の島の一つ

エルゲラブ島は完全に崩壊されました。

 

実験はさらに6年続き

43個の爆弾が爆発しました。

 

このせいで土壌や水が汚染され

現場の船や乗組員も被爆しました。

 

1968年、原住民が帰島し始めたが

流産や体調不良などの割合が高くなります。

 

2008年現在、

この島は安全になったと考えられたが

コンクリートキャップの60%にひび割れが入っています。

次ページへ続きます

関連記事