【涙の結末】クラス全員からシカトされた容姿端麗だが足の不自由な女子。ある日、放課後の教室で彼女は・・・

「今でも悔やんでも悔やみきれない話」

として投稿されたのは、

投稿者が中学生の時の話。

 

クラスには足が不自由で

いつも杖をついていた女の子がいたそうです。

 

足が悪い以外は普通の女の子で

むしろ容姿端麗、性格も明るかったとか。

 

 

しかし女子達の陰湿ないじめのターゲットになり、

男子にも波及してクラス全員から無視されるように。
オレも別に嫌いじゃなかったけど

クラスの雰囲気に押されて軽く無視していた。

 

元々オレとその子は席が近かったので

よく話しをしていました。

 

無視しはじめて最初は話かけてきたけど

オレも無視してる事がわかってだんだん話掛けてこなくなった。

 

 

クラス全体から無視されるようになり1ヶ月くらいすると、

クラスの中では透明人間のような存在しない扱いになり、

女子達の陰湿ないじめも影を潜めるように。

 

 

そんなある日、

“オレ”(投稿者)が忘れ物を取り放課後の教室に戻ると、

次ページへ続きます

関連記事