【恐怖】「日本国憲法は通用しない犬鳴村伝説」をあなたは知っていますか?この村の真実に衝撃【閲覧注意】

犬鳴村とは?

犬鳴峠にある旧犬鳴トンネルには、

注意しないと見過ごしてしまうような細い脇道がある。

 

その道を進んで行くと、

途中に「この先、日本国憲法は通用せず」と書かれた看板が立てられている。

そこが「犬鳴村」の入り口である。

噂 では、「この村に入った者で帰って来れた者はいない」のだという。

 

村に通じる道には、縄と缶で作られた罠が仕掛けられており、

その罠に引っかかると村人た ちが斧や鎌などを手に持ち、

振りかざしながら追いかけてくる。

 

逃げようにも村人たちの足が異様に早いため、

逃げ切ることは難しい。


過去に島根から旅行に来たという、あるカップルが、この村の付近で行方不明になっている。

 

この村の広場には無残に破壊されたセダンの残骸が放置されており、その車は島根ナンバーなのだという。

犬鳴村では、携帯やスマホは全て圏外となり、警察には通報できない。

 

また犬鳴村は日本の地図上から抹消されており、

どの地図を見ても載ってはいない。

犬鳴村は江戸時代から外界とは隔絶されており、

全てを自給自足で生活しているのだという。

 

それは過去に、この村が激しい差別を受け続けたことに関係している。

「犬鳴村」の特徴

 

 

次ページへ続きます

関連記事