飲酒運転の車に最愛の息子の命を奪われた母親。残されたランドセルの中身を見て泣き崩れる・・・。

私は、一昨年の9月に

最愛の息子を亡くしました。

 

 

学校から帰ってくる帰り道、

昼間から酒を飲んで車を運転していた飲酒運転者にハネられ、

頭を強打して即死でした。

 

 

今、この様にここに綴っているだけで

涙が込み上げて来ます。

 

 

悲しみと憎しみが混在し、

今にも泣き崩れそうな精神状態である事に変わりはありません。

 

 

しかし、私の大好きで愛していた息子の死が、

これからの無残で悲惨な事故を繰り返さないために、

少しでも役に立てば…そう願います。

 

 

私の息子は、

とても元気で活発的な子でした。

 

 

同学年のお友達は、

皆ゲームなどに夢中になる年頃。

 

 

しかし、私の息子は一度もゲームが欲しいと言った事はなく、

それよりも家に帰って来てはランドセルを「ポーン」とほっぽり投げては

公園や外でサッカーボールを蹴ったり、

 

一つ二つ上のお兄ちゃん達と

元気に鬼ごっこをして遊んでいる様な子でした。

 

 

もちろん悪さをしたり、

時には激しく叱る事もありました。

 

 

しかし、誰よりも心温かく、

そして誰に対してもとても優しい心を持った子でした。

 

 

ある日、外に遊びに行ったきり日が暮れても帰って来ず、

心配になった私は遊んでいるであろう公園へ…

 

すると、そこには迷子になっていた犬に

 

次ページへ続きます

関連記事