【スカッとする実話】障害者専用Pに堂々と停める1台の営業車。二度とやらないよう恐怖のどん底に落としてやったw

彼への制裁はとてつもないモノでした。

 

かなり広めの駐車場を完備している道の駅で、

休憩を取ろうと車を停めてトイレへ立寄りました。
そこに、トイレ目の前にある

障害者専用駐車スペースに

一台の車が停まったんです。

明らかに

「株式会社◯◯◯」と書いた営業者で、

「ん?」と思った私は

降りて来る人を見ていました。

 

すると、中からは

 

バシッとスーツを決め込んだ

元気そのものの男性が登場。
ぴんぴんした様子でトイレへ!
他にはたくさんの駐車場が空いているのに、

あえてここを選ぶなんて

 

「こういう人嫌だなぁ」

 

そう旦那と話しながら、

私たちもトイレへ行き、

飲み物を買い車へ戻ろうとした時でした!

次ページへ続きます

関連記事