【スカッとする実話】障害者専用Pに堂々と停める1台の営業車。二度とやらないよう恐怖のどん底に落としてやったw

 

障害者専用パーキング。

 

今ではどこの商業施設にでも備え付けられており、

障害者の方がスムーズに施設を利用出来る様、

配慮されて設置されています。

 

ほとんどは、

施設の入り口付近に配置されており、

他の駐車スペースと比べて比較的広めに作られている事が多いですね。

 

 

体の不自由な方にとっては、

とても便利なシステムですが、

通常の駐車場よりも数が少ないのも事実。

 

そんな現状の中

 

そもそものルールを平気で破り、

障害者でも無いのに平然と

この障害者専用スペースの駐車場へ

車やバイクを停める人が後を絶ちません。

 

実際に、このスペースの使用者は

8割が健常者だと言われています。

 

もちろん、

他駐車場が満車で”係員に指示されて停める場合や、

満車時駐車可等の掲載がされている場合”はその限りではない事も。

 

 

ただ、他の場所が空いているのに

「入り口に近いから」

「屋根が付いていて雨に濡れないから」

「駐車スペースが広いから」

 

そんな理由で停めている人も多くいる様です。

 

一人の営業マンが、まさにこの

「他駐車場が空いているのに堂々と」

 

障害者専用スペースに駐車し、

さらにはそこで昼寝をしようとしていたそうです。

 

 

他の人も軽蔑した様な視線を

彼に送っていましたが、そんな事はお構い無し。

 

と、そこへ

たまたまやって来た暴走族らしき集団に目を付けられ、

凄まじい事態に見舞われる事に。

次ページへ続きます

関連記事